信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

曽我氏、5区出馬を正式表明

2017年10月04日(水)

長野5区からの立候補を正式表明する曽我逸郎氏

 前上伊那郡中川村長の曽我逸郎氏(61)は4日、伊那市の県伊那合同庁舎で記者会見し、衆院選長野5区に無所属で立候補すると正式表明した。改憲など、安倍晋三政権や新党「希望の党」の小池百合子代表が目指す政治の方向性に「立ちはだからなければいけない」と述べた。曽我氏は上伊那、飯田下伊那両地方の有志でつくる「伊那谷市民連合」の代表。同市民連合を支持母体とし、共産党や社民党、新党「立憲民主党」の推薦を得たいとした。
 一方、共産党県委員会は同日、5区新人候補として公認していた水野力夫氏(37)の擁立を取り下げると正式発表した。
 曽我氏は会見で、安全保障関連法や、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の国会採決強行、森友・加計(かけ)学園を巡る疑惑など「安倍政権はいろいろなことを都合のいいように解釈し、乱暴に進めている」と批判。「憲法や民主主義のルールにのっとって政治を進めなくてはいけない」と述べた。平和憲法の堅持や安保法制の廃止、原発ゼロなどを掲げるとした。
 共産党県委員会の鮎沢聡委員長は4日、松本市で開いた党全県幹部決起集会で「市民と野党の共闘で政治を変える立場から、曽我氏の当選に全力を挙げて戦う」と述べた。
 5区では曽我氏のほか、自民党前職の宮下一郎氏(59)、希望の党新人の中嶋康介氏(40)が立候補を予定している。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ