信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=4区・後藤氏 「責任ある政治を実現」

2017年10月05日(木)

 「責任ある政治、政策を掲げ、主張したことを実現する」。長野4区に立候補予定の自民党前職、後藤茂之氏(61)は4日、諏訪市で事務所開きをし、政策実行力を訴えた=写真。
 北朝鮮の核・ミサイル問題について「これ以上の時間稼ぎは、核兵器の保有を許すことになる」と、国際社会が連携して圧力をかける必要性を強調。雇用環境の改善など地方経済にも回復の兆しが見られるとし、「企業を応援するため、生産性革命や地方創生をどんどん進める」とした。
 消費増税分の使途変更で教育の機会を保障して格差の固定化を防ぐとし、「将来に安心や希望、夢を持てるようにする」と訴えた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ