信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=2区・手塚氏 「納税者のための税金」

2017年10月05日(木)

 「維新の会は特定の業界団体、組合などから支援を受けていない。納税者一人一人のために税金を使っていく」。長野2区に立候補を予定する日本維新の会新人の手塚大輔氏(34)は4日、松本市で街頭演説し、「しがらみのなさ」をアピールした=写真。
 消費税増税を凍結するとし、格差是正のために大学までの教育無償化を実現すると主張。財源については「国会議員は歳費を3割カット。国家公務員は採用を抑制することで人件費を2割削減する」とした。
 「特色ある松本市づくりを財源や権限の面から後押しする」と地方分権も強調。「将来を考えられる若い自分にやらせて」と訴えた。