信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

共産が幹部集め目標事項を確認 県委員会全県決起集会

2017年10月05日(木)

 共産党県委員会は4日、10日公示、22日投開票の衆院選に向けた党全県幹部決起集会を松本市で開いた。比例代表北陸信越ブロック(定数11)での2議席獲得と、「必勝区」と位置付ける長野4区での議席獲得を目指すと確認した。
 1〜4区の立候補予定者や党関係者ら約120人が出席。鮎沢聡県委員長は「安倍暴走政治を続けていいのかが問われている総選挙だ。市民と野党の共闘で、日本の政治を変える立場を最後まで追求する」とあいさつした。
 立候補予定者が「安保法制廃止と改憲反対を訴える」などと決意表明。5区で無所属の新人が立候補を表明したことを受け、党が擁立を取りやめた新人水野力夫氏(37)は無所属新人の支援に回るとし、「勝利のために全身全霊を尽くす」と述べた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ