信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

自民職域支部と支援態勢を確認 県連が支部長会議

2017年10月05日(木)

 10日公示、22日投開票の衆院選に向け、自民党県連は4日、業界団体など27ある職域支部の支部長を集めた会議を長野市で開いた。1〜5区に立候補予定の前職5人の必勝に向け、候補予定者との連携を深めるなど選挙戦に向けた支援態勢を確認した。
 5人の立候補予定者や支部長ら約40人が出席。党県連は3日、総括本部長を党参院幹事長の吉田博美氏(県区)、本部長を党県連幹事長の萩原清氏(県議)とする選対本部を立ち上げており、こうした態勢を報告。短期決戦に向け、一致団結を呼び掛けた。
 会議では立候補予定者が決意表明。「厳しい戦いになるが、政策を語る中身のある選挙戦にしていく」「選挙のために看板を掛け替える政党に責任ある政治は実現できない」などと語った。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ