信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=2区・下条氏 「希望入りに理解求め」

2017年10月06日(金)

 「お宿(届け出政党)が変わるだけで、(安全保障関連法廃止などの)信条は変わらない。信義を通す」。長野2区に希望の党公認で立候補する元職の下条みつ氏(61)は5日、松本市で事務所開きをし、希望からの出馬に理解を求めた=写真。
 民進党が希望に合流を決めた経緯を説明。「賛否両論はあるが、自民党を止めるには(希望入りして)自民の議席を減らすことが第一」と判断理由を示した。
 経済活性化や少子化対策を課題に挙げ、「働く若い人たちの手取り給料を上げて元気にすることが必要だ」と強調。教育費や給食費の無償化など子育て支援も拡充すると訴えた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ