信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

県内5小選挙区 県選管事前審査

2017年10月06日(金)

 県選挙管理委員会は5日、10日公示、22日投開票の衆院選に向け、県内5小選挙区の立候補予定者を対象にした届け出書類の事前審査を行い、計19派が出席した。
 このうち、共産党公認で新人擁立を予定していた1派は事前審査を受けた後に立候補を取りやめると表明した。1区からの立候補を検討中としていた別の1派の関係者は取材に「出馬はしない」とした。
 審査は長野、松本、上田、諏訪、伊那の各合同庁舎で実施。現地の地域振興局の担当職員が書類に記入漏れがないかなどを点検した。