信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

投票用紙発送 県選管、19市などに358万枚

2017年10月06日(金)

投票用紙の枚数を確認する県職員=6日、長野市の県長野地域振興局

 県選挙管理委員会は6日、10日公示、22日投開票の日程で実施する衆院選の投票用紙計358万6040枚(点字投票用紙を含む)を県内19市と10地域振興局に発送した。
 投票用紙は、小選挙区と比例代表がともに178万3900枚で計356万7800枚。点字投票用紙はともに9120枚で計1万8240枚。
 県長野地域振興局(長野市)には午前8時50分ごろ、市内の印刷所から管内6町村分の計9万8380枚が到着。選管事務を担当する企画振興課の職員7人が枚数を確認しながら、町村別に分ける作業をした。6日のうちに、各町村選管の担当者が同振興局に受け取りにくる予定。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ