信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

中信4市民団体 中川氏支援決定

2017年10月08日(日)

 衆院選長野2区で「野党共闘」を目指す中信地方の四つの市民団体は7日、松本市内で会合を開き、同区で立候補を予定する社民党新人の中川博司氏(59)を支援すると正式に決めた。会合には同党県連の竹内久幸代表(県議)や、党の公認候補予定者を取り下げて中川氏の支援に回った共産党県委員会の石坂千穂副委員長も出席。両党と市民団体が連携して選挙戦を進めることも確認した。
 4団体が非公開の懇談で決定。その後、市民団体側が示した「安倍政権下での改憲に反対」「安全保障関連法などの廃止」「生活者本位の政策を推進」の3項目の協定に中川氏が署名した。終了後、市民団体の一つ「本気でとめる戦争!松本アクション」呼び掛け人の又坂常人信州大名誉教授は「市民団体は勝手連的に中川氏を支援することになる」と述べた。
 2区ではほかに、自民党前職の務台俊介氏(61)、希望の党元職の下条みつ氏(61)、日本維新の会新人の手塚大輔氏(34)が立候補を予定している。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ