信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

政権への支持訴え 二階氏・漆原氏 県内で

2017年10月08日(日)

街頭演説する自民党の二階俊博幹事長(右)と公明党の漆原良夫中央幹事会会長=7日、長野市

 自民党の二階俊博幹事長は7日、衆院選長野3区に立候補を予定する同党前職の応援のため上田市で演説した。二階氏は「地方こそ成長の主役。地方を大事にする政治をしていかなければならない」と述べ、政府・与党として地方の声を重視する姿勢を強調した。
 二階氏は演説で、「大義がない」との批判もある今回の解散総選挙について「皆さんも戸惑いがあると思うが、選挙はいつあっても仕方がない」と理解を求めた。中部横断道など県内のインフラ整備を例に「選挙では、自民党でなければできない問題がたくさんあることを国民に知っていただく」と力を込めた。
 一方、公明党の漆原良夫・中央幹事会会長は7日、JR長野駅前で街頭演説。「アベノミクスは最終章に至り、中小零細企業や地方、家庭に影響を及ぼす最後の段階に来ている。ぜひとも成し遂げさせてほしい」と述べ、自民党との連立政権の継続を訴えた。演説には二階氏も加わり、「自公連立政権で政治が安定する」と主張。比例代表北陸信越ブロック(定数11)での公明への支持を呼び掛けた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ