信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

1区の新人駒村氏が会見

2017年10月12日(木)

記者会見する駒村幸成氏=11日、県庁

 衆院選長野1区に政治団体「長野県を日本一好景気にする会」から立候補を届け出た新人の会社役員駒村幸成氏(61)=長野市=は11日、県庁で記者会見した。衆院選では消費税の廃止やがんの最先端治療の無料化、年金増額を主張するとした。
 駒村氏は長野市出身。市内の電機資材関連会社の勤務などを経て、現在は建設会社役員を務めている。「公務員は世界で一番高い給料をもらっていて、休みも多い」とし、公務員の給与を民間企業並みに削減することも訴えるとした。