信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

行財政改革の推進、主張 維新・松井代表が長野で街頭演説

2017年10月13日(金)

街頭演説する日本維新の会の松井一郎代表=12日、長野市

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は12日、衆院選候補の応援のため、長野市のJR長野駅前で街頭演説した。大阪では議員定数や報酬の削減を取っ掛かりに行財政改革を進め、増税せずに教育無償化を実現したと強調。「税金の使い道を変えさせてほしい。できるのはわれわれだけだ」と述べ、2019年10月に10%に引き上げる消費増税の凍結を主張した。
 東日本大震災被災地の復興などのため12年に始まった国会議員歳費の2割削減が14年に終了したことに触れ、他党に対し「自分たちの報酬にはひと言も触れない」と批判。維新は議員歳費の2割相当額を東日本大震災などの被災地に寄付していると説明し、「われわれは約束をほごにしない。この勢力を広げてほしい」と支持拡大を呼び掛けた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ