信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=1区・篠原氏 「日本の政治を変える」

2017年10月14日(土)

 「国家の危機だと不安をあおり、解散総選挙の道具にした。森友、加計(かけ)問題を隠し、東京五輪の時も総理をやっていたいというのが本音だ」。長野1区に無所属で立候補した民進党出身の前職篠原孝氏(69)は13日、長野市内で街頭演説し、安倍政権への批判を強めた=写真。
 今回の衆院選を「政権選択のための大事な選挙」と強調。一方、報道各社が一斉に自民優勢と序盤情勢を報じたことに「まだ10日間ある。流れはどう変わるか分からない。冷静に判断してほしい」と呼び掛けた。
 無所属での出馬にも触れ、「小選挙区で勝たなければ議席を失う。日本の政治を変えたい」と訴えた。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ