信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

衆院選スピーク=3区・井出氏 「思想言論の自由守る」

2017年10月17日(火)

 「現在の与党の安全保障政策は、国の安全に重きを置き過ぎている」。長野3区に希望の党公認で立候補した前職井出庸生氏(39)は16日、佐久市内で開いた個人演説会で、安倍政権を批判した=写真。
 現政権下で成立した特定秘密保護法や「共謀罪」法に言及し、日本は治安が良く、これまで個人の思想や言論の自由が尊重されていたと説明。「先進国でトップの水準だった。守らなければいけない」と訴えた。
 希望の党からの出馬について「保守とリベラルの長所を併せ持った政党が今ほど求められる時はない」と強調。政治活動を振り返り、「3区の皆さんに恩返しをする」と強調した。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ