信濃毎日新聞ニュース特集

2017衆院選

「森友・加計追及を」強調 共産・志位氏が県内で街頭演説

2017年10月18日(水)

街頭演説する共産党の志位和夫委員長=17日、諏訪市

 共産党の志位和夫委員長は17日、衆院選候補の応援のため、諏訪、長野両市で街頭演説した。諏訪市のJR上諏訪駅前では、森友、加計(かけ)学園問題について「(首相の)お友達なら何をしても良いということになれば、もはや法治国家ではない」とし、次の国会でも疑惑追及の手を緩めないと強調した。
 衆院選は「自公とその補完勢力」対「市民、野党」の構図だと主張。昨年の参院選県区で野党統一候補が当選した長野県を「共闘先進県」と評し、「ぶれずに野党共闘を進めてきた」と支持を求めた。
 アベノミクスによって実質賃金と家計消費が減ったとし、「経済の大事なところを細らせた」と批判。中小企業支援を強め、所得補償・価格保障で農業を振興して地方経済を活性化させる、とした。


長野県開票速報  
小選挙区

全国の開票速報

立候補者一覧

月別アーカイブ