高学年の部

ぼくのふるさと ねずみ川新聞

駒ケ根市・赤穂小6年 
加藤 明良さん

昔も水遊び、親しみ感じる

「校舎のわきを流れる鼠川で子どもが水遊びをする古い写真が小学校の廊下に飾られていたので、調べてみました。学校史を読み近所のおじさんにたずねると、写真を撮った一九三一年ごろは、川に飛び込み台があり、学校のプール代わりに使っていたことがわかりました。僕は夏休みの初日、鼠川の下流で友達と水遊びをしたばかりだったので、親しみを感じました。川は澄んでいてサワガニやカゲロウがすんでいます。あらためて、この川を大切にしたいと思いました」