表彰式

 県内の小学生が対象の「第10回県こども新聞コンクール」(信濃毎日新聞社、信濃毎日新聞販売店会主催)は、過去最多の9637点の応募がありました。6地区での審査会で選ばれた135点が最終審査を受け、優秀賞15点、第10回記念特別賞12点、奨励賞30点が決まりました。10月17日、長野市の信濃毎日新聞社で優秀賞の表彰式がありました。新聞からは、子どもたちが調べて分かったことに驚き、それを多くの人にも知ってほしいと、工夫をしていることが伝わってきます。135点を紹介します。

【入賞作品】(「賞」アイコンか、題名をクリックしてください)

優秀賞・低学年の部
内堀大獅子新聞
長野市・通明小3年 
宮岡 晃太さん
優秀賞・低学年の部
すごいぞ!中条村
中条村・中条小3年 
小林 楓太さん
優秀賞・低学年の部
佐久病院ドクターヘリ新聞
佐久市・田口小3年 
山崎 一貴さん
優秀賞・低学年の部
水引新聞
伊那市・西春近南小3年 
宮下 夏実さん
優秀賞・低学年の部
ごんげん山の丁石
飯田市・丸山小3年 
岩戸 すずかさん
優秀賞・高学年の部
川中島白桃新聞
長野市・通明小6年 
望月 瑛奈さん
優秀賞・高学年の部
シャカシャカ新聞
長野市・共和小6年 
宮尾 香穂さん
優秀賞・高学年の部
くもの巣新聞
長野市・裾花小6年 
柿沢 和奏さん
優秀賞・高学年の部
交通事故撲滅新聞
上田市・神科小6年 
依田 奈弓さん
優秀賞・高学年の部
私達のくらし新聞
上田市・塩川小6年 
荻原 萌さん
優秀賞・高学年の部
シカ出没新聞
松本市・山辺小6年 
小岩井 三鶴さん
優秀賞・高学年の部
GO!GO!図書館新聞
岡谷市・長地小5年 
牛越 優紀さん
優秀賞・高学年の部
辰野町三丁目の夕日新聞
辰野町・辰野西小5年 
米沢 明莉さん
優秀賞・高学年の部
夢のかけ橋新聞
飯島町・飯島小6年 
増沢 果菜実さん
優秀賞・高学年の部
もう大変!!鳥獣被害新聞
松川町・松川北小6年 
南林 いずみさん

【奨励賞の作品】【入選作品一覧】【特別賞の作品一覧】

審査を終えて

県教委教学指導課 田畑 卓朗さん

 こども新聞コンクールも10回目を迎え、新聞の完成度も高くなってきています。どの入選作品も、身近なことを題材にし、地道な「取材」を重ねた上に、読み手の心をつかむ「記事」を考え、構成やデザインを工夫しながら「編集」してありました。

 特に、見出しでは、「丁石ってどんな石?」のように疑問の形にしたり、「家の田んぼにもシカが来た!!」のように事実をそのままぶつける形にしたり、「やられた!とられた!食べられた!」のようにキャッチコピーの形にしたりするなど、読み手の関心を引く工夫がされていました。新聞の見出しは重要で、見出しを目で追っていくだけで、この新聞が何を伝えようとしているのか分かるほどです。見出しを考えることが、記事の内容を絞ったりすることにつながります。

 また、手描きの図やイラストを上手に活用して、「手づくり」の良さが出ている新聞が増えてきました。ワープロなどでつくった新聞では生み出すことのできない「温かさ」や「素朴さ」、「ひたむきさ」が、この手づくり新聞からは生まれます。

 さて、みなさんが、このコンクールを通して学んだことは何ですか?「新聞のつくり方を知った」ということはもちろんですが、「新聞をつくることで、世の中のいろいろな『人』『もの』『こと』に、目を向けることができた」と思えたならば、それが一番すばらしいことだと思います。これは、新聞づくりを通して社会とつながったことを意味するからです。これからも、「おもしろそうだな!」「調べてみたいな!」と思ったことを題材に、手づくり新聞に挑戦することで、「人」「もの」「こと」とのつながりを深め、自分の世界を広げていきましょう。