[長野マラソン]
フロント

[1999年の記録]
フロント
完走者一覧
大会概要
コース案内
出場者名簿
主な招待選手
運営・舞台裏

信毎フロント
主なニュース
就職ガイダンス
写真グラフ
市町村の話題
インターネット
長野生活大百科
長野五輪情報
出版案内

信濃毎日新聞
会社案内
事業案内
購読案内
広告案内


長野オリンピック記念 長野マラソン

長野マラソンPDF号外 男子カビガ優勝 市民ランナー力走
マラソン 動画Quicktime 大4537KB 中2013KB 小550KB

写真のお問い合わせ・お申し込みは信毎フォトサービス
  <男子の結果>
 1 ジャクソン・カビガ 2:13:26 22 ケニア
 2 川島 伸次     2:13:38 32 旭化成
 3 夏目 勝也     2:16:58 32 トヨタ自動車
 4 戦東林       2:16:59 28 中国
 5 佐々  勤     2:17:06 24 旭化成
 6 橋本 忠幸     2:17:08 31 大塚製薬
 7 ローレンス・ポー  2:17:12 33 南アフリカ
 8 米原 正人     2:17:13 31 アラコ
 9 綱崎 真二     2:17:16 25 九電工
10 ウラジミール・コトフ2:18:59 41 ベラルーシ

<女子の結果>
 1 ワレンティナ・エゴロワ 2:28:41 35 ロシア
 2 エルフィネッシュ・アレム2:28:59 23 エチオピア
 3 マルゴルザタ・ソバンスカ2:31:02 29 ポーランド
 4 任秀娟         2:33:58 23 中国
 5 ヘザー・トゥーランド  2:36:26 38 オーストラリア
 6 アドリアナ・バルブ   2:36:29 38 ルーマニア
 7 オラル・ヌタ      2:37:39 28 ユタカ技研
 8 盛山 玲世       2:37:45 26 ユタカ技研
 9 イザベラ・ザトルスカ  2:41:07 36 ポーランド
10 奥野たまき       2:42:02 23 第一生命
(順位、氏名、記録、年齢、所属の順)


 ◇開 催 日 1999年4月18日(日)午前9:10スタート
 ◇スタート 長野県山ノ内町・オリンピックメモリアル聖火台前
 ◇ゴ ー ル 長野市・南長野運動公園多目的競技場内
 ◇種 目  フルマラソン(42.195km)
 ◇制限時間 5時間


<フロントニュース>
【総評】風のいたずら 好記録お預け コース設定に課題も
男子カビガ圧勝 川島追走2位 女子エゴロワ優勝
“最速”から一気にダウン 下りと強風…「2時間13分26秒」
「世界」と駆けた春の北信濃 感激 市民ランナー
スムーズな運営支えたボランティア3000人「充実感」
途切れぬ声援42.195キロ 沿道でゴールで
一般男子は原村出身の高橋さんが優勝 完走者は3834人
長野マラソン開会式 「熱い感動と興奮を再び」
山ノ内にぎやか前夜祭 みどりさん聖火台点火
序盤の標高差170メートル、堤防沿いの風がポイント
長野マラソン18日スタート 友好の国際大会へ一歩
男子レース カビガ軸に 女子は若手も力 混戦模様
ギリシャの選手ら児童と交流 「コソボでアピール」
長野・篠ノ井駅からゴールへバス運行 路線バス一部変更
選手と生徒、笑顔の交流 長野西高などで交流会
和紙人形25体、外国人選手へ 長野の女性が作る
招待選手、長野入り ロシアのエゴロワ「準備OK」
「一校一国」再び…長野の小中学校、交流準備
長野マラソン 市内に選手村、開村
岡谷の針きゅう師、意欲 「3千−4千番狙う」
豪のママさんランナー「目標はシドニー」
外国選手、長野入り始まる ピークは13日
陸連が長野マラソンコースを公認
あと1週間 ボランティアら研修会 進行を確認
マラソンコース沿線に支援の輪 各地実行委、準備着々
長野マラソン交通規制計画決まる 協力呼び掛け
長野マラソンのコースを一部変更
長野マラソン 国内外招待選手を発表 カビガ・川島ら37人
長野マラソン 旭化成3選手が試走 「下り」がポイントに

◇関門規制5kmごとに関門を設け、各関門の閉鎖時刻は以下の通りとします。閉鎖時刻を過ぎて関門に到達した競技者は、以降のレースを続けることができません。また、閉鎖時刻後、当該関門までの間を走行中の競技者はレースを中止しなければなりません。

<関門閉鎖時刻>
・ 5.0km 9時50分
・10.2km10時30分
・14.8km11時05分
・20.5km11時40分
・24.0km12時05分
・29.0km12時40分
・36.9km13時40分

 

◇主 催(財)日本オリンピック委員会、長野県、長野市、長野陸上競技協会、信濃毎日新聞社


掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載を禁じます。
Copyright 2000 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun