高学年の部

失われた日常

伊那市・長谷中3年 小山 祐樹さん、伊藤 悠さん、宮下 賢治さん

原発対策見直してほしい

 「新潟県中越地震と中越沖地震の記事をスクラップ、教訓は生かされたかどうか比較しました。中越沖地震では新たに柏崎刈羽原発が緊急停止。全国の原発で対策がしっかりしているか見直してほしいという気持ちで作りました」(小山さん)
 「命が助かっても、地震で家が壊れて住む場所を失った人が数多くいました。仮設住宅の着工について、円滑だったかどうかを新聞記事で調べました。スクラップ作りは社会全般のニュースに興味を持つきっかけになりました」(伊藤さん)
 「新潟県中越地震で、土砂崩れ現場から男児が救出されたニュースが記憶に残っています。災害時、住民に恐怖や不安がある中で、一人の命の救助が多くの人に勇気を与える。それを伝える記事を、もっと読みたいと思います」(宮下さん)