トップ グランプリ 優秀賞B/H 優秀賞L/G 特別賞 ウェブ投票 講 評
ウェブ投票結果(上位20位、有効投票総数3,758票)
1 節約レシピ“setu&repi” 334
2 宮崎学写真館「森の365日」 244
3 四季の山旅 223
4 笹屋ホテル 180
5 カレーの穴 172
6 Sam&Saeのページ 151
7 サルビアの詩 135
7 フクシアの愉しみ 135
9 JA中野市 133
10 ぶうこの気持ち 127
11 食べものおもしろ雑学帳 113
12 和雑貨Hayakawa 112
13 屋代南高等学校 110
14 遠山郷サポート倶楽部アンバマイカ 100
15 ギャラリー「写真詩」 94
16 空色のかけら 88
17 東信州活性化サイト「あさま日和」 84
18 合唱劇「カネト」 83
19 芋焼酎研究所 82
20 ベビースリング愛好会 81
●ウェブ投票〜エプソン賞
【1位】節約レシピ“setu&repi”
上島千佳子・福岡県福岡市
http://repiko.yakan.net/
【2位】宮崎学写真館「森の365日」
森の365日・上伊那郡飯島町
http://www.owlet.net/
【3位】四季の山旅
信州山学クラブ・長野市
http://www.naganoken.jp/100meizan/
 ホームページを作る人だけでなく、見る人にも参加してもらう企画「ウェブ投票」に寄せられた有効票は、1カ月間で3758票。昨年が約1600票でしたので、2倍を上回る多数の投票がありました。

 審査員による評価とは違い、日ごろのサイト運営の中で、いかに多くの人々の共感を得ているかが試されるのが、この投票の特徴でしょう。いわゆる“組織票”も見られますが、やはり最後は「日ごろの着実な仲間づくり」がものを言うようです。

 1位の「節約レシピ“setu&repi”」は、節約生活に奮闘する若い主婦が発信。1日最低5品、1万5千円で1カ月の食費をやりくりするためのレシピが満載です。感想には「参考にすれば楽しく節約できそう」「毎日見たくなる」といった“感心組”のほか、「このレシピで作った料理は、必ず家族に褒められる」などの“既に実践組”もかなり多く、2位を大きく引き離しました。

 2位の「宮崎学写真館 森の365日」は、駒ケ根高原のライブカメラがユニークで、「家に居ながらにして自然が感じられる」と好評でした。プロ写真家の宮崎さんが、サイト上で投稿者に写真指導をしている点も、ビジネスモデルの一例として注目されます。

 また、山岳観光県・信州では、山の情報サイトが毎回上位にランクされますが、3位となった「四季の山旅」の特徴は、実際の山行を基に作成したイラストマップです。行程に沿った地点の写真も丁寧で「実際に登った気分になった」との感想もありました。

 6位の「Sam&Saeのページ」、7位の「サルビアの詩」は、ともに作者の家族や、作者自身が障害とともに生きています。ありのままにつづられる生活の様子や思いに「家族愛に心が温まる」「生きる勇気をもらった」など、共感を集めていました。



掲載中の記事・写真・イラストの無断掲載・転用を禁じます。
Copyright 2004 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun