信毎 Housing Station
間仕切りの少ない箱型住宅 駒ケ根のヤマウラ
2017年11月 8日(水)

 ヤマウラ(駒ケ根市)は、箱型のシンプルな構造を採用した住宅「ハコノイエ」を発売した。間仕切りを少なくし、室内を自由に演出して自分らしい空間を作ってもらう狙い。断熱性能を高め、昨年の熊本地震クラスの揺れにも耐えられる耐震性を確保した。

 価格は1坪(約3.3平方メートル)当たり60万円程度から。長野市中御所の長野住宅公園に10月下旬、2階建てで延べ床面積約90平方メートルのモデルハウスをオープンした。都市部の狭い立地にも建てられる設計で、北信地方で年間12棟の販売を目指す。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun