信毎 Housing Station
地震に強い重量鉄骨の住宅を発売 飯綱町の北信商建
2017年12月 6日(水)

 北信商建(上水内郡飯綱町)は、耐震性の高い重量鉄骨の住宅「ディアキューブSS」を発売する。長野市西尾張部に9日、2階建てで延べ床面積106平方メートルのモデルハウスをオープンする。昨年4月に震度7を2回記録した熊本地震を受け、強い揺れに繰り返し耐えられる住宅として開発した。

 重量鉄骨は一般的に、ビルや大型建造物で使われる。在来木造住宅を手掛けてきた同社が重量鉄骨の住宅商品を発売するのは初めて。外張り断熱を取り入れ、暖房性能を高めた。本体価格は32坪(1坪約3.3平方メートル)タイプで税別2080万円から。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun