信毎 Housing Station
新婚さん、岡谷へいらっしゃい 住居費など市が補助
2018年5月18日(金)

 岡谷市は本年度、新婚夫婦の住居費や引っ越し代を補助する「おかやでスタート!結婚新生活支援事業」を始めた。若い世代の定着を促して人口減少に歯止めをかける狙いだ。

 本年度に支払う住宅取得費や賃料、敷金、引っ越し代が対象で、1世帯当たり最大30万円。条件は、年度内に結婚する34歳以下の夫婦で合計所得が計340万円未満、別の公的制度で家賃補助などを受けていないことなどだ。

 市社会福祉課によると、1980(昭和55)年度に315件だった市内の婚姻数は2016年度は209件に減った。人口は同じ期間に1万3千人近く減り、5万人を下回った。同課は「経済的負担で結婚に踏み切れないカップルもいると聞く。支援を人口増につなげたい」としている。問い合わせは同課(電話0266・23・4811)へ。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun