信毎 Housing Station
井坪工務店が飯田に展示場 県産材使った木造住宅提案
2018年7月 3日(火)

 井坪工務店(飯田市、井坪寿晴社長)は2日、県産材を使った現代的な木造住宅を提案する展示場を飯田市鼎名古熊の飯田ハウジングセンターに開設した。

 木造2階建て176平方メートル。1階には友人や親戚で集う場面を想定した広いリビングや現代的な雰囲気の和室があり、二、三世帯住宅として幅広い使用ができる。2階は家族の居室として風呂や寝室を設けた。床や階段には県産の「あづみの松」を使い、木の質感を生かした。夏は涼しく、冬は暖かい通気システム「通気断熱WB工法」を取り入れている。

 開場は午前10時~午後5時。火曜定休。問い合わせは同社(電話0265・22・5262)へ。

掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun