TOP2017年02月「大人のための松本城見学会」18日に開催 世界遺産登録推進に理解深めて

 松本市や信濃毎日新聞社などでつくる「国宝松本城を世界遺産に」推進実行委員会は18日、松本城管理事務所研究専門員らの解説を聞きながら天守を見学できる催し「オトナのための松本城見聞録」を開く。20歳以上で松本市在住か在勤の人を対象に、15日まで希望者(先着30人)を募っている。

 城に親しみ、世界遺産登録推進活動を理解してもらう狙い。実行委が2012年から続けている「親子探検ツアー」の参加者らから専門的に学びたいとの声があり、大人対象の催しを初めて企画した。

 世界遺産登録推進活動では現在、松本城や姫路城などの国宝5城を含む「日本の近世城郭群」での登録を目指し、建築構造や意匠に着目した調査研究を進めている。今回の催しでは、そうした調査研究に沿った解説を聞くことができる。

 当日は午前9時半から、大手公民館。実行委事務局は「松本城にあまり来たことがない人にも興味を持って楽しんでほしい」としている。参加無料で、申し込みは実行委事務局の市文化振興課(電話0263・34・3293)へ。

2017年2月 1日掲載