TOP2017年04月LEDでより桜美しく 松本城の「夜桜会」始まる
多くの来場者で初日からにぎわった国宝松本城の「夜桜会」=13日

 松本市の国宝松本城で13日、本丸庭園を無料開放して桜をライトアップする「夜桜会」と、外堀などの桜並木をライトアップする「国宝松本城桜並木光の回廊」が始まった。茶席やフルート演奏などがあり、観光客らが明かりに浮かぶ花を写真に収めたり、散策したりして楽しんだ。

 松本城管理事務所によると、本丸庭園のコヒガンザクラやシダレザクラは13日時点で三~五分咲き。今年から照明を発光ダイオード(LED)に変更して光の色が太陽光に近くなり、花がよりきれいに見えるようになったという。

 同級生ら3家族8人で訪れた松本市筑摩小学校5年の本橋芽衣さん(10)は「桜の花がトンネルみたいになっていてすごい。お団子もおいしかった」と話していた。

 夜桜会は20日までの毎日午後5時半~9時。光の回廊は22日までの午後6時半~9時(金土曜日は10時)。

2017年4月14日掲載