TOP2017年04月松本城の「七不思議」紹介展 5月7日まで開催
松本城の伝説を紹介するパネル展示に見入る子どもら

 松本市の松本城太鼓門櫓(やぐら)で、松本城にまつわる七つの伝説を紹介する展示「松本城のフシギな伝説」が開かれている。季節ごとに行う太鼓門の特別公開に合わせ、市教育委員会が企画。訪れた家族連れたちが、興味深げに眺めている。

 百姓一揆の首謀者として処刑された中萱村(現安曇野市)の元庄屋多田加助の怨念が城を傾けたとの伝承や、夜中に城の守りをしていた武士へのお告げがきっかけで天守6階に祭られることになった「二十六夜神」などを紹介。古文書や写真、ゆかりの場所の地図をパネルで示している。

 城巡りが趣味で、福島県二本松市から訪れた相原達郎(たつお)さん(63)は「(明治時代に修理するまで)城が傾いていたのは知っていたが、怨念の言い伝えは初めて聞いた」と見入っていた。

 5月7日までで無料。

2017年4月19日掲載