TOP2017年12月松本城に特大門松 迎春ムード、一足早く
竹、松、ナンテンなどを使って飾り付けた松本城黒門の門松

 松本市の国宝松本城の黒門と太鼓門に12日、門松が飾られた。歳末の恒例行事で、市内の業者が早朝から作業。観光客らは一足早い迎春の雰囲気を楽しんでいた。

 黒門では業者の職人2人が土台に竹を立て、松や梅、ナンテン、杉の葉をあしらって華やかに仕上げた。観光客の中には「もうそんな時期なんだね」と言いながら、スマートフォンのカメラを向ける人もいた。松本城管理事務所によると、門松は来年1月7日午前中に撤去する。

 仙台市の女性(61)は高さ3メートルほどの特大の門松を見上げ、「立派ですね」。県立こども病院(安曇野市)に入院している孫が近く退院する予定とし、「バタバタしていてお正月のことは忘れていましたが、良い年を迎えたいと思いました」と話していた。

2017年12月13日掲載