TOP月別アーカイブ

2014年1月の記事一覧

1月
27

松本城氷彫フェスが閉幕 金賞は都内調理師親子の作品

 国宝松本城氷彫フェスティバル(松本市などの実行委主催)は最終日の26日、県内外の12チームが氷を削って造った彫刻のコンクールを松本市の松本 …全文を読む

1月
27

貴重な歴史遺産―火災から守れ 松本城 天守に向けて放水訓練 文化財防火デーで

 文化財防火デーの26日、松本市の松本城で、城の自衛消防隊や松本広域消防局などの約180人が消火や救助の訓練をした。雨の中、万が一の事態を想 …全文を読む

1月
26

松本城氷彫フェス始まる 冷や冷や...氷の滑り台

 国宝松本城氷彫フェスティバル(松本市などの実行委主催)が25日、2日間の日程で松本市の松本城公園を主会場に始まった。初日は気温が高めで氷の …全文を読む

1月
21

松本城守った市川量造の思いは 市内の喫茶店で学習会

 松本市新村の喫茶店「楽蔵(らくら)ぴあの」で19日、常連客が主催し、地元の人から学ぶスタディカフェが開かれた。今回は「市川量造が目指したも …全文を読む

1月
10

県内、厳しい冷え込み 松本城お堀に「湯気」

 県内は10日、冬型の気圧配置が続き、寒気が流れ込んだ影響で各地で厳しい冷え込みとなった。北部山沿いを中心に雪が降った。  朝の最低気温は …全文を読む

1月
08

信州から世界の遺産へ(5)=松浦晃一郎・前ユネスコ事務局長に聞く ストーリーと物、両立を

 人類共通の宝として国連教育科学文化機関(ユネスコ)が登録する世界遺産。1978年にガラパゴス諸島(エクアドル)など12件が最初に登録されて …全文を読む

1月
07

信州から世界の遺産へ(4)=島根「石見銀山」あえてアクセス不便に 地域の価値守る難しさ

 島根県大田市に冷たいみぞれが降った昨年12月20日。世界文化遺産「石見銀山」で活動するガイドの会事務所がある石見銀山公園に、無料ガイドツア …全文を読む

1月
06

信州から世界の遺産へ(3)=南アルプス、まず「エコパーク」目標 環境保全、目の前の課題

 「ここが日本列島の土台の一部です」。下伊那郡大鹿村中央構造線博物館学芸員の河本和朗さん(62)が、ごつごつした緑色の岩を指さした。  昨 …全文を読む

1月
05

信州から世界の遺産へ(2)=善光寺一帯と木曽谷...魅力掘り起こし 住民自らが動く契機に

 1日午前、長野市の善光寺。本堂周辺や仲見世は1年間の無事を祈る初詣客であふれ、宿坊が並ぶ脇道をのんびり歩く人も目立った。家族3人で歩いてい …全文を読む

1月
04

信州から世界の遺産へ(1)=松本城「城郭群」での登録目指す 人類の宝、どう語れるか

 「建設当時のまま残る城は、日本にはここを含めて12カ所しかありません」。昨年12月26日、松本市の松本城(国宝)。オランダからの若者4人を …全文を読む
1
« 2013年12月メインページ2014年2月 »