長野県のニュース

斜面

江戸時代に子どもたちの間である遊びが流行した。2人が向き合い1人が相手の手の甲をつねって自分の手を相手の手にのせる。次は相手がつねり手を重ねる。4本の手が終われば、一番下にある手を素早く上にして延々と繰り返す

   ◆

遊びの間、子どもたちは「いたちごっこ、ねずみごっこ」と歌った。転じて双方が同じことを続けることを「いたちごっこ」と呼ぶようになった。コンピューターウイルスが典型だろう。攻撃と対策の競争が果てしなく続いている

   ◆

同じことになるのでは、と思わずにいられない。国連が今秋、自動運転車へのサイバー攻撃に対する防護策の指針を決める。人が操らなくても走る自動運転車は、外部からシステムに侵入されて不正に操作される懸念があるという。指針では、侵入阻止策や暴走しない方策を求める

   ◆

交通事故防止や渋滞緩和につながり、お年寄りの運転も手助けできる―。各社が開発する自動運転車への期待は膨らむばかりだが、安全を大前提にするのは当然だ。パソコンがサイバー攻撃されても命までは奪われない。車は不正操作で凶器や武器になる

   ◆

「特定の意図を持つ者は意図を成就できる新しい技術を必ず利用する」。サイバー攻撃に詳しい和戸川純さんは著作で自動運転車を使ったテロに警告を鳴らす。防御しても攻撃は進化する。対応を誤ると代償は「甲の痛み」ではすまない。

(8月29日)

最近の斜面