長野県のニュース

斜面

雨乞いならぬ“台風乞い”をしたい気持ちになっています―。沖縄・石垣島にある世界自然保護基金(WWF)サンゴ礁保護研究センターのスタッフがブログに書いている。いくら台風の本場でも、呼びたいとは穏やかではない。が、瀕死(ひんし)のサンゴを救うためと知り合点がいった

   ◆

今夏は海水温が高く、サンゴの死滅につながる白化現象が広がった。98年以来の危機という。サンゴ礁は海洋生物の4分の1の種が生息する多様性のとりでだ。強い風と波で海水をかき混ぜ水温を下げてくれる台風に期待するほかない

   ◆

石垣島の人々はその名の通りサンゴからできた石を積み、台風から家を守る。瓦を固定する琉球漆喰(しっくい)もサンゴの殻を焼いた生石灰で作った。独特の風土は台風とサンゴに根差している。ところが今シーズンは、本来のコースを外れ北日本ばかりが狙われる

   ◆

きょう上陸をうかがう強い台風10号は、いったん沖縄近海に近づき、暖かい海で勢力を増して戻ってくる奇妙な進路をたどった。統計がある51年以降、東北の太平洋側に直接上陸した例はない。1カ月4個の上陸も62年8月以来3例目

   ◆

温暖化の進行とともに日本近海の海水温が上がり、強力な台風が増えるだろう。いまの異常気象が将来は普通になる―。専門家の警告である。今シーズンの異常なコースも、その兆候だろうか。県内直撃はなさそうでも油断はなるまい。

(8月30日)

最近の斜面