長野県のニュース

主要3棟 完成イメージ イオンモール東松本

「イオンモール東松本」の完成イメージ図「イオンモール東松本」の完成イメージ図
 イオン(千葉市)傘下のイオンモール(同)が松本市中央4で着工した大型商業施設「イオンモール東松本」(仮称)の主要建物の完成イメージが1日、分かった。「晴庭(ハレニワ)」「風庭(カゼニワ)」「空庭(ソラニワ)」と名付けた3棟のうち、物販中心の「晴庭」と飲食店が集まる「風庭」が3階建て、複合映画館(シネコン)などが入る「空庭」が2階建て。同社は「起工式を終えたので、テナント誘致を本格化させたい」(広報部)としている。

 総賃貸面積約5万平方メートルの新モールは、松本カタクラモール跡地一帯で8月に着工。開店は2017年秋の予定だ。同社によると、営業時間は物販が午前9時〜午後10時、飲食が午前9時〜午後11時としている。

 同社は完成イメージを、テナント誘致用に作ったパンフレットに掲載。商圏分析も載せており、松本市内の状況について「3万平方メートル以上の大型商業施設は不在」「買い物で新宿や渋谷など都内まで出掛ける傾向がある」と指摘している。

 同社は1日までに、松本商工会議所と市にパンフレットを示した。松本商議所の胡桃沢宏行専務理事は「中心市街地に限らず、広範囲で交通渋滞が懸念される。改めて渋滞対策を講じるようお願いしたい」としている。

(9月2日)

長野県のニュース(9月2日)