長野県のニュース

10月22日午前10時から受け付け 長野マラソン ネットと電話で

 長野マラソン大会組織委員会は5日、来年4月16日に長野市で開催する第19回大会の参加申し込み方法を発表した。参加定員は前回大会と同じ1万人(視覚障がい者の部50人を含む)。10月22日午前10時からインターネットと電話で先着順に受け付ける。

 インターネットによる申し込みは定員9千人。大会エントリーサービス「RUNNET(ランネット)」で受け付ける。電話による申し込みは定員1千人で、エントリー専用フリーダイヤル(電話0120・054・019)で22日のみ受け付ける。前回はインターネットが開始から34分、電話は2時間44分で定員に達した。

 どちらの申込方法も参加料1万800円と申込手数料が必要。日本赤十字社県支部への寄付金1千円を加えたチャリティーエントリーもある。3時間30分以内の予想タイムを申告する場合は、2013年10月1日以降に参加したフルマラソン大会の記録証の写しが必要になる。

 参加募集要項は、9月下旬から長野市役所・支所、信濃毎日新聞社本社・支社局に置く。問い合わせは大会エントリーセンター(電話026・231・5681)へ。

(9月6日)

長野県のニュース(9月6日)