長野県のニュース

千曲川ク準優勝 県勢初 全日本クラブ野球

準決勝 一回千曲川ク2死一、二塁、上原の中前打で二走牧嶋が3点目の生還準決勝 一回千曲川ク2死一、二塁、上原の中前打で二走牧嶋が3点目の生還
 社会人野球の第41回全日本クラブ選手権最終日は5日、西武プリンスドームで準決勝と決勝が行われ、2年ぶり3度目の出場の千曲川クラブ(小諸市)は長野県勢、北信越勢として初の準優勝を飾った。

 千曲川クは準決勝で、富士通アイソテッククラブ(福島)と対戦。一回、内野安打と四死球などの2死満塁から奥村、上原の連続適時打で3点を先取した。四回に秋山の適時三塁打、八回に伊志嶺の適時打などで追加点。連投の菊池が6回無失点で試合をつくり、快勝した。

 ビッグ開発クラブ(沖縄)と対戦した決勝は、一回1死三塁から相手のエラーで1点を先制したが、二回に同点に追い付かれ、その後の好機で追加点がなかった。1―1で迎えた九回2死満塁、2015年までBCリーグ・信濃に在籍した渡嘉敷に右越え打を打たれサヨナラ負けした。

 ビッグ開発クラブは3度目の出場で初優勝。10月29日から京セラドーム大阪で行われる日本選手権の出場権を獲得した。

(9月6日)

長野県のニュース(9月6日)