長野県のニュース

8日昼まで県内大雨の恐れ 台風13号北上

 台風13号は7日、西日本の南海上を北寄りに進んだ。8日に温帯低気圧に変わる見込みだが、接近に伴い前線も活発化し、南西諸島から北海道の広い範囲で大雨となる恐れがある。長野地方気象台は7日、県内でも8日にかけて大気が不安定となり大雨となる所があるとして、台風に関する気象情報を出し、土砂災害や浸水、河川の増水に注意を呼び掛けた。

 県内は8日にかけて積乱雲が発達しやすくなる。特に8日朝から昼前にかけては雷を伴い、1時間に最大50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。同日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で北部120ミリ、中部150ミリ、南部150ミリ。長野地方気象台は「集中して長時間降ると災害の危険性が高まる。市町村の避難情報にも注意してほしい」としている。

 また、7日夕は台風の影響に伴う大雨が佐久、諏訪地方などで降り、1時間の最大雨量は白樺湖で23ミリ、佐久で22ミリなどとなった。

 気象庁によると、台風13号は8日午前0時現在、潮岬の南約170キロを時速約40キロで東北東へ進んだ。中心気圧は千ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側110キロ以内が強風域となっている。

 レーダーの解析では、7日夜に栃木県鹿沼市付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。群馬県沼田市利根町では住宅が床上浸水し、女性(72)が避難する際、足に軽傷を負った。

 温帯低気圧に変わった後、岩手県や北海道へ8〜9日に接近。台風10号などで甚大な被害が出た地域でも、激しい雨が降る可能性がある。

(9月8日)

長野県のニュース(9月8日)