長野県のニュース

若林氏、参院選限定せず活動継続 衆院くら替えに含みも

 改選定数が2から1に減った7月の参院選長野県区で落選した自民党前職の若林健太氏(52)は10日、長野市内で開いた後援会役員総会後、「参院選の雪辱を果たすのが原則だ」とした上で、目指す国政選挙を限定せずに政治活動を継続する考えを示した。「6年(後の参院選まで)は長いのでさまざまなチャンスがあれば、しっかり捉えるように準備をしていく」とし、衆院選へのくら替えに含みを残した。

 総会には太田哲郎会長代行ら約80人が出席し、冒頭以外非公開。若林氏によると、政治活動の継続に了承を得た一方、「一日も早く国政に復帰して活躍してほしい」として「6年は長い」との声が大半だったという。

 若林氏は取材に「政治はいろいろと動いていく」とし、衆院選についても「選挙区と比例区のいろいろな選択肢がある」と述べた。

(9月11日)

長野県のニュース(9月11日)