長野県のニュース

奉納太鼓の響き、夜空にとどろく 喜多郎さん企画の催し

和太鼓を打ち鳴らす喜多郎さん和太鼓を打ち鳴らす喜多郎さん
 日没から日の出まで太鼓を打ち鳴らし続ける「北アルプス奉納太鼓」が10日夜、長野県大町市と北安曇郡松川村にまたがる国営アルプスあづみの公園大町・松川地区で始まった。企画したミュージシャンの喜多郎さん(63)=米国在住=や県内外の和太鼓団体が参加。太鼓の激しい響きを夜空にとどろかせた。

 同市八坂に1980(昭和55)年から10年ほど暮らしていた喜多郎さんが「第二の故郷を元気づけたい」と2013年に始め、今年で4回目。地元有志でつくる実行委員会が主催している。これまでは同市美麻の市営運動場が会場だったが、「国営アルプスあづみの公園をPRしよう」(実行委)と初めて会場を変えた。

 喜多郎さんは「市内のさまざまな場所を候補に、来年以降も場所にこだわらずに開催していきたい」と話していた。

(9月11日)

長野県のニュース(9月11日)