長野県のニュース

斜面

ヒット曲「あったかいんだからぁ♪」を歌うお笑いコンビ「クマムシ」。名前の由来は緩歩動物のクマムシだ。過酷な芸能界を生き残るために、最強の生命力とされるこの奇妙な生物にあやかったのだろうか

   ◆

体長は1ミリ未満。地球上のあらゆる場所に生息し、身近にもたくさんいる。小熊のようなずんぐりした体だ。8本の短い足でゆっくり歩く。乾燥や凍結など過酷な環境になると呼吸や心臓が止まり、体内の化学反応である「代謝」がない休眠モードに入る

   ◆

体を縮め、樽(たる)のようになって動かない。これで人間が生きられない強い放射線や真空にも耐えられる。水を与えると“復活”し活動を再開する。ラテン語で「隠れた生命」を意味する「クリプトビオシス」という特性だ。高知大のホームページでモゾモゾ動き出す動画を閲覧できる

   ◆

「類いまれな強さ」の秘密に迫れるか。東京大などの研究チームが中でも放射線に強いヨコヅナクマムシを調べ、DNAを放射線から守る遺伝子を発見した。人の培養細胞に組み込むと強いエックス線を当ててもDNAの損傷が大幅に少なくなったという

   ◆

地球全体を見渡せば、むしろ奇妙な生物は人間かもしれない。身体を放射能で傷つける核兵器を生み出し、自らの生存を脅かす気候変動を起こしている。クマムシの知恵にすがる時が来るのか。想像すれば立ち止まって考える機会になる。

(9月22日)

最近の斜面