長野県のニュース

斜面

独特のしなりが良い音色を生む。象牙は三味線のばちの高級素材なのだそうだ。目に見えない小さな穴が汗を吸収して滑りにくいことも利点という。代替品が研究されているものの、実用化には至っていない

   ◆

何とか開発が進まないか。そんなことを考えたのは象牙取引への風当たりが強まっているためだ。24日に南アフリカで始まるワシントン条約の締約国会議で焦点になる。既に原則禁止された国際取引に加え、国内取引も禁じようという動きが広がっている

   ◆

象牙を狙ったアフリカゾウの密猟の深刻化が背景にある。近年、個体数の急減が指摘されている。2014〜15年の調査で草原の生息数が07年より3割減ったとの保護団体の推計もある。中国など新興国の経済発展で装飾品として求める富裕層が増えたことが密猟増の要因とされる

   ◆

印鑑などの材料に日常的に使われている日本には重い会議になる。今は、禁止前の輸入分など合法的な物は国への届け出を条件に販売を認めている。国際自然保護連合が先ごろ採択した取引禁止を求める勧告に日本政府は反対した

   ◆

昨年、日本を覆面調査した米国の環境保護団体は違法な取引が行われていると指摘した。完全な形の象牙だけが対象で加工品は含まれない日本の制度に「抜け穴」との批判もある。国内取引禁止に反対する姿勢が国際社会の理解を得られるか、思案のしどころだ。

(9月23日)

最近の斜面