長野県のニュース

「人々の心打つ芸術を」 草間さんら文化勲章親授式

文化勲章の親授式を終え、記者会見する草間弥生氏=3日、宮内庁文化勲章の親授式を終え、記者会見する草間弥生氏=3日、宮内庁
 文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿「松の間」であり、松本市出身の前衛芸術家、草間弥生さん(87)ら6人に天皇陛下から勲章が手渡された。

 受章者はこのほか、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった細胞生物学の大隅良典さん(71)、日本近世文学の中野三敏さん(80)、集団遺伝学の太田朋子さん(83)、小説の平岩弓枝さん(84)、作曲の船村徹さん(84)。

 親授式の後、受章者を代表して平岩さんが「なお一層、役に立つような仕事をさせていただきたいと思っております」とあいさつ。天皇陛下は「今後ともそれぞれの分野の発展のため尽くされるよう願っております」とねぎらいの言葉を掛けられた。

 親授式に出席した6人は宮殿東庭での記念撮影に臨んだ後、宮内庁で記者会見。草間さんは「この章をいただいて非常に戸惑っているが、これから先、死に物狂いで芸術をやり、死んだ後も何年でも人々の心を打つ芸術をつくっていきたい」と話した。

(11月4日)

長野県のニュース(11月4日)