長野県のニュース

アスベスト含む新幹線防音壁 JR東日本、処分場の所在地訂正

 吸い込むと中皮腫や肺がんなどの原因になるアスベスト(石綿)を含む北陸新幹線(長野経由)の防音壁パネルが破砕処理されていた問題で、JR東日本長野支社は4日、処理していた県内3処分場の所在地名のうち、当初、上高井郡小布施町としたのは長野市篠ノ井山布施の誤りだったと訂正発表した。他の2カ所は、上田市諏訪形、北佐久郡立科町牛鹿だと明らかにした。

 訂正発表について同支社は、小布施町役場から同日、確認を求める連絡があり、誤りが分かったと説明。地名に似ている部分があって報道対応用の内部資料を作成する際に担当者が間違えた―とし、「関係者の皆さまにご迷惑をおかけして申し訳ありません」と陳謝した。

 アスベストを含む製品や廃棄物の破砕処理は、飛散すると健康被害を及ぼす恐れがあるとして、廃棄物処理法で原則禁止されている。

(11月5日)

長野県のニュース(11月5日)