長野県のニュース

須坂 長電置き石疑い 23歳現行犯逮捕 他事件も関与か

7日朝に約30キロの石が置かれ、同日夕に容疑者の現行犯逮捕の現場となった長野電鉄早津踏切=7日午後4時37分、須坂市塩川7日朝に約30キロの石が置かれ、同日夕に容疑者の現行犯逮捕の現場となった長野電鉄早津踏切=7日午後4時37分、須坂市塩川
 須坂署や県警捜査1課などは7日夕、須坂市塩川の長野電鉄日野―須坂間の線路に置き石をしたとして、列車往来危険の疑いで、長野市東和田の派遣社員波河健太容疑者(23)を現行犯逮捕した。逮捕直前に須坂市小河原の須坂―北須坂間でもコンクリートブロックが置かれる事件が発生。日野―須坂間では4日と6日、7日朝にも置き石があり、10月下旬には近くでごみ箱などが置かれた。同容疑者はこれらについても関与を認める供述をしているという。

 逮捕容疑は7日午後6時20分ごろ、日野―須坂の早津踏切付近の線路上に石1個を置き、電車の往来に危険を生じさせた疑い。容疑を認めている。石の重さは約22キロ。線路脇にあった石を線路上に置くところを警戒中の捜査員が見つけ、現行犯逮捕した。

 この直前の午後6時4分ごろ、須坂―北須坂間の南小河原中学校道踏切内で、長野発信州中野行き下り普通列車(3両編成)が線路上にあったコンクリートブロックをはね、緊急停止。乗客約110人と乗員にけがはなく、約10分後に運転を再開した。

 早津踏切付近では7日午前にも普通列車が線路上に置かれた重さ約30キロの石1個をはね、緊急停止。同踏切の西約220メートルにある蒔田踏切付近でも4日夕と6日夜にそれぞれ約30キロ、約20キロの置き石があった。また10月26日には日野駅の線路上に植木鉢が、同31日にも同駅近くの線路上にごみ箱が置かれていた。

 波河容疑者の勤務先は須坂市内にあり、勤務後に石を置いたとの趣旨を供述しているという。須坂署は余罪や動機などについて調べている。

(11月8日)

長野県のニュース(11月8日)