長野県のニュース

飯綱のリゾートスキー場支援 ネットで資金集め 目標額達成

集まった寄付金で改修予定の小屋「トップハット」集まった寄付金で改修予定の小屋「トップハット」
 インターネットで事業資金を募るクラウドファンディングで長野県上水内郡飯綱町の「いいづなリゾートスキー場」を支援するプロジェクトが、目標金額の200万円を上回る約298万円を集めた。現在は閉じているスキー場中腹の小屋「トップハット」を改修し、軽食を提供する休憩所として使えるようにする。

 町の地域おこし協力隊の高岡昌寛さん(29)=熊本市出身=が8月に募集を開始。会員制交流サイト(SNS)への広告の掲載などを通じ、情報を発信した。この結果、約2カ月半の間に、3千円から寄付できる個人は39件、20万円から寄付できる法人は6件の申し出があった。施設に飾る木製の記念プレート、ピザの食べ放題券など、返礼も関心を集めたという。

 スキー場を指定管理者として運営する「飯綱東高原観光開発合同会社」は、トップハットにピザ窯を新設し、看板メニューにしたい考え。高岡さんは「いいづなリゾートを知らない人に情報を発信でき、集まったお金以上の効果があったと思う」とする一方、「支援したくてもインターネットを使えない人をいかに取り込むかが今後の課題」と話した。

 スキー場は昨季、雪不足で来場者が前季の47%となり、収入も約7千万円に激減。立て直しが課題となっている。

(11月10日)

長野県のニュース(11月10日)