長野県のニュース

御嶽山麓に研究拠点誘致 火山研究 県、名大側に要請へ

 県は、2014年に噴火災害があった御嶽山麓の木曽郡木曽町に、名古屋大大学院地震火山研究センター(名古屋市)の研究拠点を誘致する。木曽町、同郡王滝村と共に16日、名大側に要請する考え。御嶽山麓では防災上の助言をする「ホームドクター」役の専門家の確保に向けて、学術機関との連携が課題となっている。名大の協力を得られれば、県は17年度の当初予算案に関連費用を盛り込む方針だ。

 関係者によると、研究拠点は御嶽山を望む木曽町三岳支所内を想定。名大が御嶽山に整備した地震計などの観測機器のデータを確認できるようにする。さらに登山者が少ない冬場を除いた期間、研究者1人の常駐を要望する。名大側が応じれば、県は当面の任期や配置方法、費用負担を協議し、恒久的な拠点として整備を目指す。

 御嶽山の噴火災害を受けて観測網を拡充した名大の山岡耕春・同センター長は取材に対し、要請を受けた場合について「研究機関として継続的に地域に関わっていく仕組みを考えたい」と前向きに検討する考えを示した。

 県内火山のうち、浅間山には気象庁浅間山火山防災連絡事務所(北佐久郡軽井沢町)、焼岳には京都大防災研究所の地震予知研究センター上宝観測所(岐阜県)がある。御嶽山麓には学術機関の拠点がなかった。阿部守一知事は御嶽山噴火災害を受けて、木曽地域への火山防災研究機関を誘致する考えを表明していた。

(11月10日)

長野県のニュース(11月10日)