長野県のニュース

信州紬の魅力PR 上田で着物ファッションショー

さまざまな色や柄の信州紬の着物を披露したファッションショーさまざまな色や柄の信州紬の着物を披露したファッションショー
 国指定の伝統的工芸品・信州紬(つむぎ)の魅力を知ってもらおうと、上田市の大型商業施設アリオ上田で12日、「信州紬ファッションショー」があった。さまざまな色や柄の信州紬による着物を着たモデルが、この日のために設置されたランウエーを歩き、立ち見を含め100人を超える観客に披露した。

 同施設で16日まで開き、県内の伝統的工芸品を紹介するイベント「信州の伝統的工芸品ウイーク」(県、上田市、県中小企業団体中央会、県伝統工芸品産業振興協議会主催)の一環で初開催した。

 信州紬のうち上田紬、松本紬、伊那紬それぞれの特徴についての解説も交えながら、男女12人のモデルが登場。観客は、しま柄や格子柄の着物をまとったモデルを写真に収めた。安曇野市から訪れた着付け講師の浜田恵子さん(49)は「色がきれいで、すてき。着物と帯の斬新な組み合わせもあった」と話していた。

 この日は阿部守一知事もゲスト出演し、上田紬の着物姿でランウエーを歩いた。上田紬の織元で、ショーのプロジェクトリーダーを務めた小岩井良馬さん(41)=上田市=は「立ち見の人が出るとは思わなかった。信州紬に興味がある人がたくさんいることを改めて感じた」と手応えを話していた。

(11月13日)

長野県のニュース(11月13日)