長野県のニュース

子宮頸がんワクチン副作用の研究「不正なし」 信大調査委が発表

 信州大(本部・松本市)の池田修一・医学部教授が厚生労働省研究班の代表として行った子宮頸(けい)がんワクチンの副作用に関する研究に不正が指摘された問題で、信大の調査委員会は15日、不正行為は認められなかったとの結論を発表した。一方、予備的な実験結果を断定的な表現で説明し、誤った認識が広がったと指摘し、反省と対応を求めた。

 研究班は3月、遺伝子操作したマウスに複数のワクチンを打つと、子宮頸がんワクチンを打ったマウスだけ脳に異常な抗体ができた―などと発表。これについて月刊誌「Wedge(ウェッジ)」が研究を捏造(ねつぞう)とする記事を載せ、学外の専門家らが、池田教授ら信大の研究者3人を対象に、実験ノートを回収するなどして調べていた。

 15日の記者会見で、日本大大学院法務研究科(東京)教授の前田雅英・調査委員長は、データの捏造や改ざんの形跡はなかったと説明。一方で、「科学的に証明されたかのような情報として社会に広まってしまったことは否定できない」と指摘した。

 池田教授らには研究内容を正しく公表することと、科学的な証明に耐えうる数のマウスを使った検証をするよう要望。信大にも情報共有の徹底などを求めた。

 濱田州博(はまだくにひろ)学長は「速やかに具体的な対策を講じる」とコメントした。対象の3人には同日、口頭で厳重注意した。池田教授は取材に「研究は今後も続け、よりきちんとしたものにしていくことで責任を果たす」と話した。

 不正の疑いを指摘した医師でジャーナリストの村中璃子さんは「調査委が適切で十分な調査を行ったのか疑問がある」としている。

(11月16日)

長野県のニュース(11月16日)