長野県のニュース

ボージョレ解禁、待ってました 松本で催し

ボージョレ・ヌーボーが解禁され、乾杯する人たち=17日午前0時、松本市ボージョレ・ヌーボーが解禁され、乾杯する人たち=17日午前0時、松本市
 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が17日午前0時に解禁された。長野県松本市本庄のホテルブエナビスタにあるレストランでは、解禁に合わせて参加者が最初の一杯を味わうカウントダウン・パーティーを企画。13人が参加し、日付が変わると同時に「乾杯」の掛け声でグラスを合わせた。

 店では、こくとまろやかさが異なるという2種類のボトル計36本を用意し、パーティーでは特別価格の1杯500円で提供。友人と訪れた松本市のソムリエ清沢瞳さん(31)は「香りが甘くていかにもボージョレらしい味わい。最初の一口から飲みやすい」と喜んでいた。

 フランス食品振興会によると、今年は春の天候不順でブドウの成長が遅れたものの、夏場からは夜間に気温が下がり、日中は日差しに恵まれる成熟には理想の天候となり、「エレガントで、酸味と果実味、さわやかさと味わい深さのバランスが素晴らしい」と称賛している。

(11月17日)

長野県のニュース(11月17日)