長野県のニュース

毎月8日は「信州地酒で乾杯の日」 推進協が制定、12月から

「信州地酒で乾杯の日」の制定を発表する県小売酒販組合連合会の青沼会長(右)ら=18日、県庁「信州地酒で乾杯の日」の制定を発表する県小売酒販組合連合会の青沼会長(右)ら=18日、県庁
 毎月8日は信州の地酒で乾杯―。県や県小売酒販組合連合会でつくる推進協議会は18日、毎月8日を「信州地酒で乾杯の日」に制定すると発表した。昨年12月、県が「信州の地酒普及促進・乾杯条例」を施行して機運が高まってきたとし、県産の日本酒やワインの消費拡大につなげる。12月8日に制定する。

 18日に県庁で記者会見した同連合会の青沼基夫会長は「条例の効果もあり、県産の日本酒の販売は純米酒や吟醸酒を中心に前年を上回って回復傾向」とアピール。「さらなる消費拡大につなげる核となる日を制定する」と述べた。8日を選んだ理由として、グラスや杯を重ね合う形を連想させ、末広がり、円満などのイメージも挙げた。

 12月8日午後5時から県庁会見場で知事や推進協関係者らが乾杯して制定を祝う。来年5月8日まで6カ月間を集中PR期間と定め、宿泊施設を巻き込んだ催しやSNS(会員制交流サイト)による写真投稿イベントを通じ、県民の参加を促す。

(11月19日)

長野県のニュース(11月19日)