長野県のニュース

信濃路にSLの雄姿 「飯山線ロマン号」運行

市民らが見守る中、飯山駅を出発するSL飯山線ロマン号=19日午前8時53分、飯山市市民らが見守る中、飯山駅を出発するSL飯山線ロマン号=19日午前8時53分、飯山市
 JR東日本は19日、飯山(飯山市)―長岡(新潟県長岡市)間で蒸気機関車「SL飯山線ロマン号」を運行した。待ちわびた住民や鉄道愛好家が飯山駅や周辺に繰り出し、44年ぶりとなる県内の飯山線でのSL走行を喜んだ。

 直前に小雨がやんだ午前8時52分、客車3両を引く機関車が「ブオーン」と汽笛を鳴らし、煙をもうもうと吐きながら飯山駅を出発。住民らは大きく手を振ったり、夢中でカメラのシャッターを切ったりした。SLは晩秋の千曲川沿いを走り、午後2時47分に長岡駅へ到着。計約400人が乗った。

 飯山駅を訪れた飯山市の会社員西山敏彦さん(61)は、飯山第一中学校(現城南中)時代に地元を走るSLを撮影し、写真を文化祭で展示した思い出がある。「新幹線もSLもある街として飯山が盛り上がってほしい」と期待した。

 運行は沿線自治体などの要望を受け、JR東日本が2日間限定で企画。20日は長岡駅を午前8時16分に出発し、午後2時56分に飯山駅に着く。

(11月20日)

長野県のニュース(11月20日)