長野県のニュース

「ご当地おやつ」全国1位獲得 信州産リンゴを使った菓子 

ご当地おやつランキングで1位になった「チーズinタルトバウム信州りんご」ご当地おやつランキングで1位になった「チーズinタルトバウム信州りんご」
 長野県安曇野市の「あづみ野菓子工房彩香(さいか)」の信州産リンゴを使った菓子が、都内で今月開かれた物産展での企画「第7回ニッポン全国ご当地おやつランキング」で1位のグランプリに輝いた。チーズケーキの周りをバウムクーヘンで覆い、砂糖で煮たリンゴを添えた商品で、県商工会連合会(長野市)の推薦で県代表として参加。県内の菓子がグランプリになるのは初めてという。

 おやつランキングは約15万人が来場した「ニッポン全国物産展2016」(全国商工会連合会主催)での催し。47都道府県からようかんやプリンなどの菓子が集まり、来場者の投票で順位を決めた。

 グランプリとなったのは「チーズinタルトバウム信州りんご」(1個270円)。リンゴの他、小麦粉や蜂蜜など県産食材をふんだんに使った。あっさりとした味が特徴という。

 今年は10月の台風18号の影響で、県内でリンゴが落ちるなど大きな被害が出た。それだけに彩香代表の荻原隆之さん(49)は「安曇野や信州のリンゴ、食材に脚光が集まり、地域が盛り上がればうれしい」と話している。

(11月29日)

長野県のニュース(11月29日)